COLUMN トレーナーコラム

テーマは「動ける体をつくる」。
最初にやるべきは姿勢矯正。これだけで年をとっても動ける体に

アメフト経験で気づいた、日本人と欧米人の決定的な違い

トレーニングはいつから始められましたか?

高校1年でアメリカンフットボールを始めて、その時からです。

アメフトのトレーニングって厳しそうですね。

僕は46歳になるんですが、僕らの時代は今のようにネットで簡単にトレーニングの情報を得ることができなかったので独学でやっていました。大学卒業後にボクシングの徳山昌守やレーサーの脇坂寿一、柔道の秋山成勲たちとチームを組んで一緒にトレーニングをしていた時期があって、その時に本格的に学びました。独学でやっていたものとは全然違いましたね。

ただ筋肉量を増やすのではなく、どの筋肉を何のためにつけるか、といったことですか?

今はYouTubeなどで誰でもボディメイクができる世の中になりました。そんな中、僕らは姿勢矯正や可動域を広げること、痛みの出ない体づくり、アスリート向けの動ける体づくりなど、ボディメイクのジムとは少し違うことをやっています。

ボディメイクのジムに通う人の中には、動ける体になるためのものではないと認識しないままトレーニングしている人も多いんじゃないでしょうか。

そうですね。当たり前ですがたどり着きにくいテーマなのかもしれません。

金光さんはどうやって「動ける体」というテーマにたどり着いたんでしょう?

社会人になってからもアメフトを続けていると、チームに黒人や白人の仲間も多くいました。彼らはとんでもない動きをする。どうしてだろう?と考えていく中で、日本人と欧米人とでは骨盤の角度が違うということにたどり着いたんです。そうすると、骨盤の角度が違うとどういうことが起こるのか、ということを知っていくわけです。

ボディメイクの前に目指すのは、姿勢維持に筋肉を使わない体

それは狩猟民族と農耕民族の違いみたいなところでしょうか?

そうなんです、ほんとにそこなんです。日本人は農耕民族なので骨盤が前傾していて、それは運動には不向きです。スポーツしない人でも前傾の日本人はほとんどが反り腰で、慢性的な腰痛や四十肩、五十肩になりがちです。欧米人は骨盤が起きているので慢性的な腰痛になりにくい。そういう風に「痛みの出ない体、姿勢維持に筋肉を使わない体を作りましょう」という考え方がベースになっています。

JPECにあるようなマシンやトレーニング理論はアメリカから入ってくることがほとんどですが、そういう姿勢をもった人たちの工学に基づいているので日本人が同じことをしても微妙に違います。せっかくやるなら欧米人の姿勢に近づけてからやる方がいいんです。

なるほど。農作業には適しているものの、普段の生活やスポーツにはまず骨盤を整えていった方がいいと。最初に骨盤矯正をするんですか?

人間の骨格って、筋肉が強い方に引っ張られるんです。例えば水泳選手の胸が張っているのは背中が強すぎて引っ張られている状態。なので、前傾した骨盤を起こすには腹直筋下部を中心に鍛えるとキュッと引っ張られる。骨盤の下側、恥骨部分が上がってきます。そういう形で調整していくんです。
トレーニングを始めてみると、多くの方がそっちの方に進んでいきます。「見た目だけ変えるより機能的で動ける体を作りましょう」という方向に世の中が動いているように思います。

動ける体にすることの大切さに気づいてから、メソッドはすぐに得られたましたか?

いえ、試行錯誤でいろいろ試しました。仮説に基づいてやってみて、ダメならリニューアルしていくという形。一般の方なら腰痛や肩こりが治ったと分かるので簡単ですが、動ける体になったかどうかはあくまでアスリートの実感なのでとても時間がかかりました。トレーニングしなからアップデート、まだまだ終わりはないんです。

「動ける体」をテーマにしたジムは少ないんでしょうか?

今はこのあたり(大阪/堀江)には70件くらいジムがありますが、9割5分はボディメイクのジムですね。僕らがここに来た頃はまだ3件ほどでしたが、その頃から動ける体をテーマにしています。

大切な3つのポイントで、本来の可動域を取り戻す

動けない体になってしまう原因として考えられるのはどんなことでしょう?

習慣や運動不足ですね。デスクワークなどもあります。生活様式がそうなっているんですね。子供でもゲームが好きで走らないとか、怪我を恐れて裸足にさせないとか。昔の人は裸足で走って足の裏を強くしてきたものです。でも今は危ないからと避けることが多い。
僕は高校でアメフトを7年間教えていましたが、年々高校生の骨が細くなるのを感じました。腕立てができない子が半数だったりする。そういう生活様式、教育の仕方で変わってきていると思います。

なるほど。では動ける体になるための要素は?

大事なのは関節の可動域です。肩甲骨と股関節と背骨、ほぼこの3つ。それらを機能的に動けるようにつなげていく。
股関節を動かすにはちゃんと呼吸をして横隔膜を上下させることが必要。体の筋肉はすべて1枚につながっています。

筋肉だけじゃなく、骨格とか筋とかいったものも重要と?

そうですね。神経まで入っています。そういうのをトータルで見ていくことで、本来持つべき姿勢や可動域を取り戻すんです。

JPECという由来は「Japan Physical Education And Culture」の略。「日本の教育と体育を変えていこう」というビジョン。そこから変えていかないとアスリートも育たない。

なるほど。動ける体を手に入れて、ライフスタイルも変わりましたか?

食事と運動の頻度はすごく考えるようになりましたね。いくらトレーニングしても食事をおろそかにすると意味がない。トータルでバランスよく。目的によって望ましい食事も変わります。

それぞれに必要なトレーニングや食事はどうやって分かるんでしょうか?

普段の食事や仕事、どんなスポーツをしているかなどはヒアリングします。ただ、歩き姿や立ち姿を見ればどんな生活をしているかというのはある程度分かります。観察ですね。経験を積めば分かります。

背中が曲がるのは日本人だけ!?
動ける体=年をとっても楽な体

メソッドの中でいちばん大切なことは?

やはり姿勢矯正になります。まずは理想とする姿勢にもっていって、そこから運動に入る。気をつけや姿勢維持に筋肉を使わない姿勢を作るんです。
骨盤が前傾していると反り腰になる。そうすると背中の下の筋肉が収縮する、つまり筋肉をずっと姿勢維持に使っている状態なので慢性の腰痛になるわけです。
例えばアスリートが姿勢維持に5%の筋肉を使っているとすると、95%しかパフォーマンスに使えないことになります。

なるほど。改善すれば疲れにくくもなりそうですね。

そうなんです。よく海外の映像で衛兵がお城の前でずっと立っているのを見ますよね。あれは骨盤の上に乗っかって筋肉を使わないから疲労しないんですよ。
日本人は骨盤が前傾しているので、年をとって筋肉なくなると背中が曲がってくる。欧米のおじいちゃんやおばあちゃんは骨に乗っている状態が楽だから背中が曲がらないんです。洋画を見ていても前かがみになるおばあちゃんってほとんど出てきませんよね。

なるほど。確かに日本人だけですね。やっておくと健康寿命も伸びそうですね。
姿勢を作るにはどれくらい時間がかかりますか?

基本、週1回やれば2ヶ月で姿勢くらいは作れます。週2、3回やれば1ヶ月くらいでも大きく変わりますね。

そのトレーニングはハードですか?

ある程度は(笑)。

体を整える、本来のポテンシャルを取り戻す。JPECが他と違うところはそこですね。

そう、そこから必要ならボディメイクをしていく、という感じです。必要なければボディメイクだけします。

でもその話を聞いたらみんなやりたくなりますよね、知らないから違う方法を選んでいるだけで。

先にボディメイクをして、痛みが出てから姿勢がおかしいことに気づくんですよね。でも、一回筋肉をつけると修正するのが難しい。だから先に整えてからやった方が絶対にいいです。

「見た目を思いっきり変えたい!」という人じゃなくても、とりあえず1ヶ月間、健康のために体のバランスを整えに来るだけでもよさそうですね。

いいと思います!正しく歩くだけでトレーニングになります。日本人はお尻やお腹を使って歩いてないから発達しない。それは骨盤が前傾しているからなので、整えれば勝手に発達していきます。そういう理論を知っていれば腰痛や肩こりにもならないはずです。

動けるおじいちゃん、おばあちゃんになる。やるべきですね!

そうですね。あと、特にアスリートは三半規管のトレーニングも必要。年をとると弱るので車酔いもしやすくなります。そういうところも鍛えておかないと。

体が整うことで人生の質のベースアップになりそうですね。そのための生活習慣を作る。

そう、「日常にフィットネスを」という感覚です。そういう姿勢を無意識に作れる体にしないと。リハビリもそうですが、怪我したところを意識して使おうとするとほかに歪みがでる。無意識に動かせるようになって完成なんです。

意識してトレーニングして無意識で生活する。生活の質を高めるために必要なメソットですね。みんながやれば医療費すらも下がる気がしました。

そうですね。ぜひやってもらいたいですね。